ひとり時間が欲しいママが心置きなく自分時間を満喫する方法

こんにちは、みきてぃ@東京です。

今日は、日帰りで、東京に遊びにきました。

今から帰るところです。

子育てしていると、自分のためだけに過ごす時間を取るのが難しいですよね。

ひとり時間がなかなか取れないせいで、なんだかウップンがたまってしまうということも多いのではないでしょうか?

そんなママたちのために、今回は、思い切って、ひとり時間を取れる方法を紹介します。

これをよめば、今までひとり時間を取るのが後ろめたかったママも、心置きなく、ひとり時間を満喫できます!

そしてそれだけでなく、ひとりじかんを堪能したママを見て、子供たちや旦那様もよろこんでくれます!

後ろめたいのはなぜだろう?

ひとり時間を取るのが、後ろめたく感じてしまう。
じつは、そう感じるママ、多いんですよ。私もそうでした(^-^;

あなたはママであり、妻であり、あなた自身。

ママとしての仕事、妻としての役目ってたくさんありますよね。だから、そちらを優先させると、自分のために使う時間は、少なくなります。

それでも、大丈夫!がんばれるわ!という時もあれば、もうダメ、がんばれない、なんで私ばっかり、、と、ブラックなあなたが顔を出すこともありますね。

この違いは、どこにあるか、わかりますか?

なんとなくはわかってるけど、見ないようにしていませんか?

以前、書いた、「ママが笑顔を手に入れる二つの方法」に、イライラの原因が書いてあります。

ママが笑顔を手に入れる二つの方法

そう、家族のために、子供のために、旦那様のために、と愛とエネルギーを注いでいるママは、本当に素晴らしいし、ママにしかできない尊いことをしています。

もう一度いいますが、本当にママって素晴らしい役目なんです。

でも、誰かのために、ばかりでは、実はエネルギーが枯渇してしまうのです。そして、イライラとなったり、、鬱憤がたまってしまったり、、、

だから、自分にも愛とエネルギーを注いでいく必要があるんです!

でも、、そんなことできない。。。

こどものためより、自分のために、を優先させるなんて、私には無理、だって私は母親だから。

私自身、6年前まではそう思っていました。それでしょっちゅうイライラしたり、もんもんしていました。子供たちや旦那様にあたることも。。

そんな私が、自分を満たすことで、たいせつな家族、子供達、旦那様もハッピーになれるというシャンパンタワーの法則を初めて聞いた時は、ハッとしました。

そんなことしたらいけないって、自分で思い込んでいたから。

だから、ある種、衝撃でしたね。

キャッチボールしてたら、全然違う方からボールがとんできたみたいな。
想像したことなかったから、びっくりしました。

で、思い切ってチャレンジしてみたんです。自分を満たすということを、自分の心が喜ぶことをしてあげるということを。

後ろめたいと思っていたのは、自分だけ幸せになっちゃいけないと、心の中で思っていたからかもしれません。

世界が違って見える!

自分だけ幸せになっちゃいけないという自分と、自分を満たすとどんな気持ちになるんだろう?という自分がいました。

やったことないことはやってみたい。

まずはちいさなチャレンジをしてみたくなりました。

自分の心が喜ぶことをしてみたら、まず、自分の心が満たされました。
細やかなチャレンジだったけど、充実感を感じたんです。

でも、正直後ろめたさはまだ、ありましたね。

やっぱり、私ばかり好きなことをしてるんじゃないかって。

でも、その予想はいい意味で裏切られました。

自分を満たして家に帰った時のことです。

ただいまーという私の声に、子供達は玄関まで走ってきて、
「ママおかえりー!楽しかったんだねーーー」と言ったんです。

そう、私自身が心を満たされて帰ってきてるので、表情に表れていたみたい!

そして、自分だけが幸せな時間を過ごしていたのではなく、子供たちも、ママがいない時間を、自分たちなりに楽しんでいたのです。

(うるさいママがいないんだから、好きなことできるわけだしね!)

案ずるより産むが易し です。

その瞬間、ストンと、じぶんを満たすと家族がハッピーになる、という意味が腑に落ちました。

それまでやってきた、じぶんを後回しにして母の役目、妻の役目に徹してきた時よりも、私自身がじぶんを満たした時の方が子供達も自分も喜んでいることに、初めて気づきました。

子供たちにとって、母親が笑顔で喜んでいる状態が自分のこと以上に嬉しいんだということに気づくことができたんです。

かんがえてみると、

私たち母親も、子供達が笑顔で喜んでいる様子を見ると、自分のこと以上に幸せな気持ちになれますもんね!

子供が、おかあさんのために自分のやりたいことを我慢している姿は、嬉しくないですもんね。

おなじなんです。子供も、大人も。
おんなじおんなじ。

ささやかなチャレンジだったけれど、じぶんを満たすということをしてみた時、初めて見える世界が違って見えたのです。

小さな一歩から始めればいい


私自身、この細やかなチャレンジをしてみて、自分自身嬉しかったし、子供が喜んでくれたことがそれ以上に嬉しかったんです。

これまで、母親なんだからと自分のやってみたいことを後回しにしてきたのは、誰のせいでもない、自分がやっちゃいけないって思いこんでいただけだった。

自分で自分に制限をかけて、勝手にイライラしたり、鬱憤を貯めていただけだった。

ほんのすこし、自分を大切扱ってあげようとささやかなチャレンジをしたことで、それにきづけました。

最初は小さな小さなチャレンジでいい。

1時間だけ子供をパパにお願いして、ゆっくりカフェに行くのもいい。
少しだけ贅沢してマッサージに行ってみるのもいいかも。

あなたと旦那様が無理なくチャレンジできそうなことを、やってみて欲しいです。その時の自分の心の喜びようと、家族の反応をぜひ感じてみて欲しいんです。

きっと5年前の私のように、あなたも、体の中にビビビッと心地よい衝撃が走るはず。^^

やってみて初めてわかることがありますよ!
やってみないとわからないんです!

世界が違って見えます!

なーんだー、もっと早くやってみればよかったーって思うとおもいます!

行動してこそ変化は起きますので、ぜひ!

(くどいね。笑)

でもね、ほんとすごいから(^-^)

ちいさな一歩、 無理せずできそうなことからはじめてみるといいですよ。

ちなみに、5年前からこのチャレンジを始めた私。

基本的には、やはり母ですから、子供達優先で過ごす毎日ですが、そろそろ自分の心の栄養がなくなってきたかなーと思う時は、遠慮なく、自分を満たしていますよ!

だって、その方が子供たちも喜ぶんだもん!
もちろん自分の心もね!

今日の東京への日帰りもそうです。自分の心が喜ぶことをしてきました。

もちろん、家族に相談し、家族に負担や迷惑がかからないように、お洗濯や食事の準備はしっかりした上でね!

家族が反対することや負担がかかることなら、それは、ただのわがままになるけど、自分の気持ちを伝えた上で、家族も笑顔で送り出してくれるなら、それはわがままなんかじゃなく、幸せの共同作業です!

お土産を抱えて、玄関の扉を開ける時の自分の表情は最高の笑顔だと思うし、それを見た子供たち、旦那さんも、喜んでくれるはず!

ママは家族の太陽です。
ママが嬉しいと子供は嬉しい。旦那様もうれしいんですもんっ。

まとめ

いかがでしたか?

私の体験談で、あなたも思い切ってひとり時間を作ってみようかな、って思っていただけたら嬉しいです。

ひとり時間を作る方法は以外と簡単で、自分の思い込みを捨てて、やってみるだけです。

時間というのは生み出せるのです。

あなた次第。

あなたの勇気ある、無理のないちいさな一歩を応援していますね。