もしも学校の先生が魔法の質問を使えたら?

こんにちは^^魔法の質問トレーナーのみきてぃです。

学校の先生が質問力(魔法の質問力)を備えていたら、最強だなと思いませんか?

子供達が幼稚園であれ、小学校であれ、成長とともに、毎日のように会い、話す先生達。お母さんの口癖を子供がすぐに真似するように、先生の発する言葉や、考え方が子供達に与える影響は大きいはずです。

もし、学校の先生が、子供達の未来を明るくする魔法の質問が使えたら、子供達は、何事にもチャレンジを怖がらず、自分の頭で考え行動し、きっと自分らしい人生を切り開けます!
だから、私は、この人生を切り開く「魔法の質問」をもっとたくさんの先生に知ってほしいと思っていますし、もっというと、学校の授業に、「国語」「算数」に並んで「質問」という授業があればいいのに!とも思っています。

と、いうわけで、「しつもん」を知った学校の先生方がどういう反応だったのか、研修に質問授業を導入してくださった例から紹介させていただきますね。

はじまりは、一人のお母さんから

教職員研修で、私が「質問力講座」をさせていただくきかっけとなったのは、一人のお母さんからでした。

育休中に、私の講座を受けてくれた方が実は小学校の先生だったのです。

最初は、ご自分のお子さんとの関係をよりよくするために、と、受講されたお母さんでしたが、教員にも質問の素晴らしさを伝えたいということで、研修に呼んでくださいました。

こうして、地道だけど、たったひとりの思いが、周りを変え、社会をも変えることができるということに感動しながら、わたしはその小学校に向かいました。

子供達のために質問力を学ぼうと、いう先生が22名も!

いらしたことに、私もすごく嬉しくて、ハグしたいほどでした!

先生方、最初は、表情も硬かったんですけど、
(保護者の一人のようなお母さん先生が来たから、あまり期待されてなかったかもしれません^^)でも、大丈夫!すぐに打ち解けます^^

魔法の質問は、参加型ワーク!
そう、同じグループの皆さんで、話ながら進めていきますので、結局はみなさんが作り出している時間になります。

同じ職場の先生同士、すぐに、いい雰囲気になり、笑い声も絶えない研修時間となりましたよ。

先生方は、本当にいろんな勉強をされていて、子供達のために、日々研究を重ねてくださっています。その先生方からいただいた感想がとても嬉しかったので、紹介させてください。

教員から見る「質問力講座」のパワー

先生方からの感想文より。

講座を受けたのは初めてです。友達作りは共通点から、とても勉強になりました。効果的な質問は小さな一歩から、、久しぶりに気づかされました。

最初は「えっ」と思いましたが、講話を聞いていくうちに、だんだん楽しくなりました。意識を前向きに持つことによって、気分が違うことも感じることができ、子供に対する質問の仕方接し方を学ぶことができました。

少し考え方を変えるだけで、自分の未来を変えることができると思った。前向きに考えることや相手に言われて嬉しい言葉など、生徒に対しても言っていきたい。

質問、わかっているようでわからないことが多いという気持ちにさせられた。質問のやり方一つで話が膨らむ。質問の楽しさを感じることができた。

子供を上手に褒めることができないので、明日からは少しでも子供が気持ちよく話を聞いてくれるよう、子供ができることを覆いっきり褒めてあげたい。とても勉強になりました。

とても楽しい時間を過ごすことができました。子供達への質問が尋問にならないように家庭でも職場でも心がけたいと思いました。10年後には素敵な自分で入られるように小さな一歩を踏み出したいと思います。

聞くだけでなく、一緒になって参加して、相手を知ること、聴きだすことの難しさ、とてもためになる内容でした。

非常にわかりやすく楽しかったです。私も、子供達に夢を与えられるようになりたいと思いました。解決志向アプローチという心理学を学んでいる最中で、「今うまく言っていることを続けなさい」という発達障害の子供への対象があります。今日の内容とつながる部分があり、共感しました。

脳のあまり使わない部分を刺激されました。いろんな意味で楽しいい時間を過ごせました。

とにかく心地よかったです。未来の自分の夢を口に出していうのは、気恥ずかしいですが、興味を持って聞いてくれたことで、話してよかったと思いました。生徒にとって、こうして担任が接してくれたら、心から嬉しいのだろうと実感できました。シャンパンタワーは自分は4段目ばかり満たしていたようなので、もっと自分とその周りの人も満たしたいです。

まとめ

今回参加くださった小学校の先生方一人ひとりが、ほんの少し、子供達に対する問いかけに、プラスの意識を持ってくれるだけで、子供達の未来は大きく変わるでしょう。

先生が変われば子供は変わります。
大人が変われば子供は変わります。
そして、子供達の未来が変わっていきます。

しつもん財団が行なっている学校への「しつもん授業」、大人向け、こども向けの授業があります。

あなたのお子さんの通う学校でも、一度試されてみませんか?

子供向けの授業でどんなつからが身につくか、こちらの記事にあります。
自発性を伸ばしコミュニケーション上手な子にするしつもん授業