育児疲れのイライラを解き放つ魔法の鍵 その1「決めつけてない?」

魔法の質問キッズインストラクタートレーナーのみきてぃです。

子育てしてて、イライラしたり、つい怒っちゃったり、、っていうことないですか?
私は過去、よくありました。

でも、「育児疲れのイライラを解き放つ魔法の鍵」を知ってからは、心に余裕が持てるようになりました。

この魔法の鍵を知ると、これまでと違った景色が見えてきます。

そんな魔法のようなエッセンスを一つづつお届けしていきますね!

鍵その1 イライラの原因は「決めつけ」だった?!

想像してみてください。

ある雨の日、
こどもがずぶぬれになって、かえってきました。

濡れた子どもの姿をみて、

(あれ?たしか、傘持たせたはずなのに。。)
(この間も忘れてきたことがあったわね。。)
そう思ったお母さん、

「傘は?傘はどうしたの?」
「もっていたでしょ?!」
「持っていったの、また忘れたの?!」
「もう、せっかく、傘持たせたのにー」
「なんでわすれてくるの?!」
「もうしっかりしてちょうだい!!」

矢継ぎ早に言葉がでてしまう。。。

イライラ・・・

子どもは、おかあさんの勢いに、言葉がでません。

泣き始めます。

大好きなお母さんに、責め立てられて、、、

その夜、
子どもの友達のお母さんから電話がかかってきました。

「◯◯ちゃんが、うちの子に傘をかしてくれたみたいで、
ありがとうございました」

と。

そう、

その子は、
家が遠い
大切なお友達に
自分の傘をかしてあげたんだそうです。

なのに、

このおかあさんは
我が子の話しを聞く前に、
自分で思い込んで、
決めつけてしまった・・・
そして親切心からでた行為に気づくことも無く、
責め立ててしまった。。。という出来事。

お母さんはこう思いました。

え!そうだったの?!

私ったら、なんてひどいことをしてしまったの?

このこは、とてもいいことをしたのに、
以前忘れたことがあるからと、
今回もそうだときめつけてしまった。。。。

もう少し、この子の話しを聞いてあげてたら良かった。

決めつけないで、ちゃんと、この子から、話しを聞いてあげるべきだった。。。

と。

イライラを招く「決めつける」を「決めつけない」思考へシフト

これまでの経験や、自分の思い込みで、
相手の本意を確かめず、
事実確認をせず、

決めつけてしまっていることって、

結構多いです。

ちゃんと話しを聞いて、事実を確認できていたら、
お母さんは、イライラするどころか、
子どものことを、とても誇らしく思い
嬉しかったでしょう。。。。

ほんの、少し、

そう、決めつける前に、

子どもの本当の気持ちに
耳を傾けてみましょう。

そうすれば、あなたのイライラは

すーーーーっと溶けていくでしょう。

どうやって?

私のオススメは、「話す」を「聴く」ことにシフトする。

自分の感情や意見を口にする前に、
まずは、どうして、そうなったのかを
子どもから聞き出してみてほしいのです。

もちろん、これまでの習慣もあるので、すぐに自分の感情が飛び出してしまいそうになるでしょう。

でも大丈夫です。

今回できなかったら、次はやってみよう、
そう思うことで、変われます。

繰り返し、繰り返し。

まずは、「あ、今、決めつけてしまったな」という感覚を感じ、意識してみてくださいね。

まずは気づくところから。。

それが最初の一歩です。^^

・・・・・・・

「決めつけていませんか?」

・・・・・・・